うつ病の患者さんの感想文【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

うつ病の再発

今日はお休みなので、いつも以上に気合を入れて?書いていきたい
と思います。

熱く、そして少々ですが、つっこんだ内容になるかもしれません。

長くなりますので、ご興味のある方は最後までお付き合いください。


うつ病は、症状がなくなれば治ったというほど単純なものでは
ありません。

うつ病になった過程において、それまでのなにかが間違って
いますよと体が教えてくれているので、間違っているところを
改善していかない限り、再発するのは時間の問題です。

 

うつ病になる要因は、生活上の食事などの問題が絡んでいる
事もありますし、性格上のことが絡んでいることもあります。

また、体や心に負担を掛けることが日常になっているなどが
習慣になっている場合は、それ自体も変えなくてはいけません。

 

なにが原因になっているのかは、人により違いがありますので、
マニュアル的なことは言うことが出来ますが、それが万人に
共通する保証はありません。

 

 

今回は、ストレスが原因で体の不調が再発された方からの
感想文を頂きました。

 

Nさん、ありがとうございます。

以下にご紹介させていただきます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

おとといの夕方から何とも嫌に気分になってまた逆戻り・・・

現在うつ病の回復期ですが、時々こうやって具合が悪くなってしまいます。

今回は、憂鬱な気分と倦怠感が気になっていました。

 

こういう時は、体中に力が入っていて「力を抜いて」と言われても
どうしようもできません。

ふだんから「力を抜く練習」をするように指導されていますが、
いざという時にできないと困りますよね。

練習します。

 

(施術)途中で電話があり、(施術が)一旦中断。

その間に不思議なことが起きたのです。

仰向けで寝ていましたが、呼吸が楽にできるようになり、
ゆっくり息を吸うとお腹が膨らむのです。

そしてゆっくり吐くと小さくなっていく。

そして体が楽になって行くのを感じました。

今までに感じたことにない感覚でした。

感激して嬉しくて涙が出ていました。

呼吸が浅くなっていることは自覚していませんでしたが、
明らかに良くなっていきました。

お腹が冷えて冷たくなっていたのも、だんだんにあったかさを
感じるようになってきました。

今日は素直に身体の変化を体験できました。

そうすると、自然に顏も体も緩んできますね。

ありがとうございました。

 

S・Nさん 51歳 調理師

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

☆院長より

 

まず、お断りしておきますが、この感想文を書かれている方は、
うつ病で1年以上通院されています。

そして再発も今回が初めてではありません。

過去何度か再発を繰り返しています。

 

したがって、お薬や治療等で比較的早く効果が表れた方に多く見受けられる
のですが、早く効果が出ると、自分が苦しんでいた症状は実は大したことが
ないと考えるようになります。

なので、この感想文を読まれて自分もすぐに良くなると思い込むのだけは
やめて頂ければと思います。

 

自律神経失調症やうつ病が、安定して発症しなくなるまでには、年単位で
考えるべきだと、この機会にハッキリとお伝えさせていただきます。

 

なぜなら、うつ病や自律神経失調症は、不快症状が発症するのは
突然なのですが、原因を作っている期間は数十年も前から積み重ねて
いた結果での発症です。

 

今起きている不快症状は、必ず原因があります。

それは筋肉骨格系の問題が主かもしれないですし、食生活に問題が
あるかもしれません。

 

いつも頑張っているくらいでなければ、やりがいがないから良くなれば
また心身ともに負担を掛けたくなる性格であれば、考え方を変える必要も
あるかもしれません。

 

多くの方が単純な答えを求められるのですが、正直な話単純な答えで
済むような方はすぐに良くなったりします。

 

私が臨床上で感じるのは、原因は1つではないということ。

複数の要因が重なり合っていることがほとんどです。

 

うつ病や自律神経失調症、不安神経症などで一番よくないのは、
「焦ること」です。

 

焦れば焦るほど、うつ病や自律神経失調症の思うつぼだと思っても
良いくらいです。

 

焦るということは、少なからず恐怖感を感じているということ。

恐怖は「交感神経を優位の状態」にします。

交感神経優位が過剰になると、ゆくゆくは自律神経失調症になっていきますが、
うつ病になっているということは、交感神経優位でハイテンションになったいたけど、
疲れてエネルギー切れ元気のない状態になっているのですね。

エネルギー切れの状態で、ハイテンションになれと言われたら、誰でも
辛いものがありますよね。

 

滋養強壮剤などを摂取して一時的に元気になるのは、まさに上記のことを
強制的に行っていることになります。

 

メディアで伝えられているのは、表面的なことでしかなく、
中には肝心なことが伝えられていない内容のものも見受けられます。

 

本質が分かっていると、独り歩きした言葉も正しく受け取ることが
出来ますが、患者さんを通じてほとんどの方が正しい情報を有していない
状態です。

 

うつ病や自律神経失調症に関しては、結果的に全身のことが網羅されますので、
簡単にお伝えすることは出来ないですし、時間をかけて理解していくことが
大事ではないかと思います。

 

また機会を設けて、お伝えすることが出来ればと考えております。

 

 

ちなみに、パニック障害はなんらかのストレスが絡んでいますので、
そちらを解決するとパニック症状も落ち着いてくる傾向があります。

 

 

===================================

【西東京市東京市ひばりが丘の整体マッサージ】こばやし整体院

http://www.seitai1.com/

自律神経失調症でお悩みの方は、こちらをどうぞ。

http://seitai1.com/category1/syoujou8/

パニック障害でお悩みの方は、こちらを参考にしていただければと思います。

http://seitai1.com/category1/syoujou9/

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ