ストレッチをしている最中に腰を痛めた 【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

テニスでストレッチの最中に痛めた腰

質問メールをいただきましたので、以下のシェアしたいと思います。

メールの内容は以下の通りです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10日経っても、腰の痛みが消えません。

50歳男性です。 テニスをやる前にストレッチで体を左右に
ひねっていたら腰に違和感を覚えました。

 その日は少しプレーしましたが腰が痛くなってきたので途中でやめました。

翌日から2日間ほど歩けないほど痛くなり仕事を休みました。

 以前も1、2年に1回くらいこのようなことがありましたが3日くらいで
完治していましたのでそのままにしておきました。

今回は10日経っても痛みが消えないため不安です。

症状は朝、少し前かがみになり、顔を洗うようなとき腰の中心部が
ズキンと痛みます。

長く椅子に座っていて立ち上がったときも少し痛みます。

座ったり立ったりを繰り返すと比較的楽です。

歩くときは背筋を延ばすと同じく痛みますので少し前かがみで
恐る恐る歩いている状態です。

このまま放置しておいていいでしょうか。

 よろしくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

●院長のコメント

テニスをやる前にストレッチをして痛めたということですが、簡単に
言ってしまうと、腰を捻挫したと考えて頂いて間違いないと思います。

ストレッチで痛めた直後から少し時間が経過すると、痛めた箇所が
炎症を伴っていた可能性があります。

このような状態の時は、患部を冷やさなくてはいけません。

いわゆる、「アイシング」です。

まず患部の炎症を冷やすことで取り除くことが必要となります。

 

炎症が患部にあるうちは、10日経っても痛みは消えません。

 

ちなみに、湿布では炎症を伴う急性症状には、ほとんど効果が
見られないという事例は、多くの患者さんが証明してくれています。

炎症がある時は、アイスノンや氷水で患部を冷やすようにしてください。

 

また、ズキンと腰の中心が痛むのは、腰の捻挫の後遺症と考えてください。

他の症状をみても、炎症が起きた後に起こる症状と捉えて
間違いないと思います。

 

座ったり立ったりを繰り返すと楽になるという趣旨のことが書かれていますが、
これは関節の機能が十分に働いていない証拠です。

 

いぜれにせよ、今の状態で放置しているよりは、専門家にきちんと治療
してもらうことをお勧めします。

関節や筋肉の機能をちゃんと治しておかないと、また同じ腰の痛みを繰り返す
ことになるからです。

 

今現在の状態は、治療を受けるべき状態と判断します。

 

年の瀬も迫ってきておりますので、お早めに近隣の治療院で適切な治療を
してもらってください。

 

私の見解は以上となります。

 

 

 

数日痛みが引いてくるのを待つという方もいます。

痛みはひいてくる人とそうでない人と分かれますが、痛みが引いたから
良かったと考えるのは早合点です。

というのは、痛みが引いても”機能が回復していない状態”となっております。

機能が回復していないので、ちょっとした無理が、痛みを誘発することに
なりかねません。

関節の動きや筋肉の動きを十分に回復することで、痛める以前と同じ、
それ以上の体の状態になることが可能です。

これがいわゆる、若返った!と世間で言われる状態です。

 

将来どうなりたいのかはは、あなたが決めることが出来ます。

良い方向に行くことも悪い方向肉ことも・・・

 

どんなことにも言えますが、問題を後回しにすればするほど、
解決するまでには、多くの時間や苦労が伴ってきます。

苦労の中身は、痛みから解放される時間、通院するために使う費用、
精神的なストレス、肉体的ストレスなど、人により変わってくると
思います。

 

早く治して、楽しくテニスができるようになると良いですね!

 

==========================

【西東京市ひばりが丘の整体】こばやし整体院

http://www.seitai1.com/

腰痛特設ページ

http://seitai1.com/category1/syoujou2/

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

コメントを残す

このページの先頭へ