フットサルをして太ももの付け根が突っ張るようになった。【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

太ももの付け根から脚の痛み

当院には、時々メールで質問が匿名にて寄せられます。

匿名の方に対して、こちらから直接返信することはありません。

しかし、このブログを見ている方にシェアできそうなことであれば、
こちらで紹介をしていきたいと思います。

 

今回は、フットサルで腰から下肢にかけて痛みが出ているという内容の
ものでした。

贈られてきたメールと、私の見解を以下に記載させていただきます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一昨年の6月フットサル中にシュートを思いっきり空振りして
腰を痛めて以来ずーっと太ももの付け根からお尻にかけて
強い突っ張り感があり、ひどい時には走る事さえ出来ません。

左足を上げたり下げたりするとコキンコキン音がします。

整体に通っても効果なしでした。

やはり坐骨神経痛でしょうか?

まだ病院には行っていません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

☆院長のコメント

 

一昨年の6月に痛めた時点では、おそらくですが筋膜炎のヒドイ状態に
なっていたものと思われます。

状態を見ていないのでハッキリとは言えませんが、さらに酷ければ
肉離れを部分的に起こしていたものと予測されます。

 

整体に行っても効果なしでしたと書かれていますが、このような外傷
の場合は、病院に行ってエコー等の検査で確実な診断結果を医師から
仰いだうえで、整骨院などに行くのが良かったと思います。

 

筋膜炎や肉離れの状態になっているとするなら、ストレッチや筋トレなどの
各種トレーニング、患部のマッサージは禁忌となります。

 

筋膜炎を起こしている、または肉離れを起こしているということが頭になければ、
先にあげた禁忌行為をご自身でも整体の施術においても行っていた可能性は
否定できません。

 

では、一昨年の6月に痛めて期間が経っているから、もう筋膜炎や肉離れが
良くなっているだろうと考えるのは、控えて頂いた方が良いと思います。

 

というのも、先にあげました通り禁忌行為を自分の身体を治すためということで、
行ってしまっていた可能性があるからです。

筋膜や筋肉を傷めるのは、一瞬で痛めてしまいます。

筋肉や膜に炎症や傷がついたら、組織の回復期間を待たなければならなくなります。

 

炎症が起きているようであれば、アイシングをして患部の炎症を取る
必要がありますし、外傷の鉄則でもあります、固定と圧迫もしていく
必要もあります。

 

「左足を上げたり下げたりするとコキンコキン音がします。」

と書かれていましたが、これは関節がきちんとハマっていないために
クリック音が鳴っているものと思われます。

普通は痛みがなければ、特に放置でも良いのですが、今回の場合は
そういうわけにはいかないと思います。

 

骨盤の歪みを取り除いて、股関節の歪みもあるようであれば、
そちらも修正していくことが必要です。

ちなみに、長い期間悪い状態にあった身体は、すぐには回復しない
事がほとんどです。

焦らず根気よくきちんと通う先の先生の指示通りに通院する
ことが、回復への近道であることは言うまでもありません。

 

以上が私の見解でした。

 

痛みが強い時も強くない時も、1週間近く経って痛みに大きな
変化がない時は、ご自身の治癒力では対処できない状態と考えて
いただいて構わないと思います。

 

何度も言いますが、慢性的な状態の方が、急性期よりも(ヘルニア除く)
時間が掛かります。

 

それは当然無理をかけ続けた結果でありあすから、それまで頑張ってくれた
ご自身の体を労って感謝してあげてください。

 

 

筋肉系のトラブルは、きちんと治さないとクセになる傾向があります。

適切な医療機関に行くことは、晩年になって後遺症に悩まされないためにも
大切なことだと私は思います。

 

あなたは、どう思いますか?

 

=============================

【西東京市ひばりが丘の整体】こばやし整体院

http://www.seitai1.com/

腰が痛い方は、こちらのページをご覧ください。

http://seitai1.com/category1/syoujou1/

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ