交通事故の後遺症 【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

交通事故の後遺症


先週、車の運転中に後ろから突っ込まれてしまった患者さんが
来院されました。

聞くところによると、停止しているところに後ろからガンッと
突っ込まれ、病院でレントゲン撮影の結果「異状なし」との
診断が下されたそうです。

 

その後運が悪いことに、時間の経過とともに首や背中・上肢に痛みと痺れが
生じるようになってきたところでした。

親指の圧迫しているような違和感もある。

 

首を動かしてもらうと、左に回旋させることと、後屈、左屈の動きで
いずれも痛みと可動制限が生じていました。

 

また、患部に炎症が起きていました。

 

この状態から、首の可動制限は腕を使って痛みが無くなる所を探し
施術した結果、可動制限は大幅に回復しました。

ただ、痛みに関しては軽減しているということですが、炎症があるために
初回では痛みが完全には引きませんでした。

そこで、患者さんに自宅で炎症をアイスノンか氷水でアイシングして
頂くように指示しました。

 

患部以外にも交通事故の影響は、全身に及んでおり、歪みの原因となっている
箇所を施術したのが、早期の回復につながったかなと考えます。

 

 今回の患者さんは、以前から定期的に来院されていましたが、その時と比べて
体の状態が全く違う状態でしたね。

 

交通事故の影響は、表面的な症状が消えても、しばらく施術をする必要が
あります。

というのも、交通事故は強い外力が体に加わった結果、背骨がずれたり
関節を支える靭帯がダメージを負っているので、安定させるためにも、
しばらくは定期的な全身の施術が必要となります。

 

ちなみに、歪みが原因で痛みが出た症状に関しては、最低でも3回の
施術は必要になります。

これは痛みがなくても必要となります。

 

 

交通事故保険がある方は、以下のことを参考にどうぞ。

 

交通事故に運悪くあってしまった時は、最初に病院に必ず行くこと。

そこでレントゲン写真で異常の有無の診断を医師から仰ぐこと。

患部に炎症があるかを自分で確かめる。

炎症があったら、アイスノンや氷水で冷やすようにしましょう。

その後は、保険に入っていれば交通事故保険を使う旨を担当者に伝えて
書類を送ってもらう。

ちなみに、交通事故保険が適用されるのは、保険にきく病院か整骨院と
なっております。

特例で医師が依頼した場合に限り、鍼灸マッサージも適用になることが
あります。

クイックマッサージはダメです。

地方の方では、担当者がOKを出せば、整体やカイロプラクティックでも
交通事故保険が適用されると聞いたことはありますが、私自身は修業中も含め
そのような例に当たったことはありません。

交通事故保険を使う場合は、実費の治療院では適用されないと考えておいた方が
良いと思います。

詳しいことは、保険の担当者が教えてくれますので、聞いてみてください。

 

交通事故に遭われたら、保険を使う使わないに拘らず、きちんと通院するようにして
くださいませ。

ちゃんと適切な治療を受ければ、きっと良くなっていきます。

 

ただ、最初に行く医療機関は病院であるということをお伝えして
今回の投稿を終わりたいと思います。

 

あなたの参考になれば幸いです。

 

=========================

こばやし整体院【西東京市ひばりが丘の整体院】

http://www.seitai1.com/

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

コメントを残す

このページの先頭へ