オスグットシュラッテル病(少年期に多い膝の痛み)【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

オスグットシュラッテル病

成長期の子供に「膝が痛い」と訴えてくることがあると思います。

小学生のように筋力が十分でなく、激しくスポーツを行っている
子供に、とりわけ多く聞かれるのが、膝の痛みと足の裏(土踏まず)
の痛み。

膝に関しては、整形外科で診察してもらうと、「オスグットシュラッテル病」
と言われる子供もいるのではないかと思います。

ちなみに、土踏まずの痛みは、足底筋膜炎と診断されることが多いのでは
ないでしょうか。

 

いずれにしても、これらは少年期に激しく運動をやりすぎて、痛みが出ている
いわゆるオーバーワークの状態をさします。

 

将来的なことを考えますと、休養をさせることが一番大事です。

もちろん、適切な治療を受けなければいけないのは言うまでもありません。

 

オスグットに関しては、成長痛と言われることも多く、医師の中にも
大人しくしていればいずれ治るということで、大したことはないみたいな
ニュアンスを投げかけてくる先生もいますが、真に受けてはいけません。

後遺症は、きちんとリハビリをしなければ、確実の残っていきます。

 

オスグットは、筋力が十分でない状態のところに、スポーツを激しく
行うことで、大腿直筋の付着している「脛骨粗面」という箇所が
くり返し刺激され、結果脛骨粗面が隆起してくる状態のことを
指します。

脛骨粗面は、脛骨つまり骨ですので、骨が出っ張ってくる状態になります。

なぜ、骨が出っ張ってくる状態になるのかというと、骨というのは
刺激をされると、その刺激された箇所が活発に活動するようになります。

ということは、骨が増殖してくるようになってくるのです。

つまり、大腿直筋が付着している脛骨粗面の部分が、激しく運動する
ことによって、急激に伸びたり縮んだりを繰り返されるわけです。

簡単に言うと、脛骨粗面がクイクイ引っ張られることが頻繁に起きるのです。

すると、脛骨粗面=脛骨=骨が刺激を繰り返され、増殖作用が生じる。

結果、脛骨粗面が隆起してくるというのが、オスグットの成り立ちです。

 

骨は増殖しますと、手術(骨切術)でもしない限りは、元には戻りません。

出っ張った骨は、何かに当たると痛いので、正座を普通にすることが
難しくなります。

 

巷で「あなた体が歪んでいますね。」と言うことを耳にすると思いますが、
体が歪むのは、下肢の関節の故障などが原因となってくるケースも
結構多いものです。

捻挫などした記憶がなくても、下肢のバランスが悪ければ、
体全体に悪影響を及ぼします。

膝が痛むオスグットシュラッテル病は、治療法としていろいろな考え方が
あるのですが、膝に関係する骨盤から下肢にかけての治療をすることも
必要になってきますが、体の重心や軸を正すことも同時進行で行って
行く必要があると私は考えます。

 

また、太腿の前側の筋肉のトラブルが関与していますので、ストレッチを
良く行うようにと言うことも聞くと思います。

ストレッチをするのであれば、無理のないように行うようにしましょう。

ただ、個人的な意見と言わせてもらえれば、痛みがきつい時に、わざわざ
余計に痛める可能性があるストレッチは、控えた方が良いのではないか
と思います。

 

ストレッチは、やり方を間違えると効果が出ないどころか逆効果に
なることもあります。

くれぐれも力ずくで息を止めて行うようなマネはしないように。

 

あと、治療も大事ですが、太腿の筋力を上げるように、リハビリを
定期的にしばらくは行っていく必要があるということも付け加えさせて
いただきます。

結果的には、下肢だけでなく上半身のトレーニングも必要になりますが、
ぶれない軸を持った体になるには、もってこいですね(^^)v

 

=============================

【西東京市ひばりが丘の整体】こばやし整体院

http://www.seitai1.com/

 膝の痛みでお悩みのあなたは、こちらのページを参考にどうぞ。

 http://seitai1.com/category1/syoujou6/

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ