ヘルニア手術後の座れない腰痛 【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

ヘルニア手術後の座れない腰痛

こんばんは。小林です。

タイトルにもありますが、ヘルニアの手術後の腰痛のことで、
質問をいただきました。

 

ヘルニアを手術したけど、痛みが無くなる人、痛みが無くならない人が
いるのですが、今回は手術後痛みは軽快したそうです。

ただ、そのあとに痛みが出た内容のものです。

 

送られてきたメールを全文以下に記載します。

 

ヘルニアの方や坐骨神経痛で悩んでいる方の参考になればと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はじめまして。

 ヘルニア手術後の腰痛について ご意見を伺いたく よろしくおねがいします。


昨年の12月12日に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしました。

11月中旬に腰痛と右足の坐骨神経痛が発症し、 街の整形外科でMRI診断で
L5とS1間のヘルニアと診断され 保存療法をしていましたが 牽引によって
右足の痛みが著しく悪化し、 激痛と歩行困難で 近くの総合病院に救急車で
運びこまれ、 動けない、激痛、右足の感覚が麻痺する状況の為 顕微鏡下で
摘出手術を行ないました。

手術は成功に終わったとのことです。


手術後、右足の痛みは残ったものの、 歩けるようになり、昨年末に退院し
それなりにリハビリを進め、 30分+αの歩行や1時間半の座位が 出来る
ようになったのですが、 1月末に2時間弱座ったところ 腰痛が発生し、
10分も座れなくなってしまい、 3月上旬の現在も状況変わらず、
寧ろ悪化しているような状況です。


症状的には手術跡周辺のギリギリした痛み中心に 腰からお尻まで広範囲で
痛みが出ます。

 座るとすぐに痛みが出て、我慢できなくなります。

 歩行時は痛みが軽いので 毎日20分強散歩するようにしていますが
それ以外は横になって安静にしています。

 安静時も波はありますが痛みがあります。

 なお今は右足の痛みはほとんどおさまっています。


また病院で腰痛体操のプリントを渡されましたが どれも腰に響いて今は控えています。


主治医はレントゲンもMRIも異常がないので ヘルニアの再発でなく筋肉系の問題では
ということですが、 明確な原因はわかりません。

ブロック注射や鎮痛剤で 対応していますが、あまり効果がありません。

 今は「時間がかかるものだから」と様子見の状態ですが 悪化して一ヶ月以上経った今でも
改善の兆しがなく このままでよいのか どう手を打てばいいのか迷っています。


よろしくおねがいします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ココまで。

 

以下に私の見解を記載します。

西洋医学や東洋医学、カイロプラクティック・整体、鍼灸など様々な療法が
世の中には存在します。

それぞれの療法には、それぞれのh学問があります。

いろんな見解があるものですが、私はこう考えるということを、情報量がメール
の中のものしか分からない上で、見解を述べさせていただきます。

 

 

ます、手術後に痛みが楽になったということは、痛みの原因がヘルニアだった
ということが、証明されています。

右足に痛みが残っているとありますが、可能性としては、ヘルニアはなくなったけど、
椎間板の圧迫がなくなっていないなどの理由が考えられると思います。

 

その後、痛みが出てくるようになったということですが、座りっぱなしの仕事を
していると、脊柱のS字湾曲が減少します。

S字湾曲が減少すると、簡単に言えば、背骨がまっすぐになります。

すると、上下からかかる衝撃を逃がしていたのが、S字湾曲なのですが、
それがなくなるので、その負担は椎間板や周囲の神経・筋肉・靭帯など
軟部組織にも影響が出てきます。

 

ですので、毎日のようにデスクワークなどを行うと、その疲労がドンドン
積み重なって、結果筋肉が硬くなり椎間板の圧迫を招くようになるのは、
日常茶飯事です。

 

情報量が少ないので、症状とデスクワークなどのことからしか、推測できない
のですが、おそらく痛みの原因は、「骨盤の歪みと椎間板の圧迫」
そして、「腹部の緊張、それも深い部分での緊張」が原因の1つに
なっている可能性が高いかと思われます。

 

手術痕の箇所が痛みというのは、腰仙関節に炎症を起こしているか、
腰椎5番と仙骨の間の椎間板の圧迫が強くなっている疑いがあると
考えます。

多くの場合、ここまでバランスが崩れていますと、股関節にも何らかの
トラブルが生じていることがあるので、そちらの方もチェックできる
治療院に行かれることをお勧めします。

 

ジャンルは特には問いませんが、質問者のケースの場合は、いきなり
強刺激をしない方が良いのではないかと思います。

 

病院での検査では、骨などに異状がないとの見解ということなので、
他の箇所がヘルニアになっていることはないので、痛みの原因は
根本的には筋肉の部分的な異状緊張によるもので、2次的被害として
骨盤がズレタなどの関節のトラブルであると思われます。

 

ただし、内臓の病気がないということが大前提の話となりますので、
そのあたりはご承知いただければと思います。

 

仕事をしながらの治療なので、時間はかかると思われますが、
今自分が動ける範囲で体を動かす努力を続けながら、きちんと
治療を続ければ良くなっていくのではないかと考えます。

 

まぁ、いずれにせよ、簡単の状態ではないと思います。

あとは、通院される治療院の先生の指示を聞くべきですね。

 

ちなみに、痛みが無くなったら、勝手に治療を中断する方もいるのですが、
再発の繰り返しになる可能性が高いので、しっかり治療に通って
下さいと言いたいですね。

 

 

長くなりましたが、私の見解は以上になります。

 

無理をかけたつもりはなくても、体は頑張ってくれているので、
自分の体に感謝をして、出来る限り楽しく過ごしていただければと思います。

 

 

=======================

こばやし整体院【西東京市ひばりが丘の整体マッサージ】

http://www.seitai1.com/

ヘルニア・坐骨神経痛特設ページ

http://seitai1.com/category1/syoujou3/

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ