原因不明な吐き気 【西東京市ひばりヶ丘の整体】こばやし整体院

出産後の吐き気

出産後の方から、質問メールをいただきました。

病院に行っても異常なしの診断結果に、何が原因で吐き気がでているのか
分からず、不安な日々を過ごしている様子。

 

以下に質問内容と、当院からの返信を記載させていただきます。

あなたの参考になれば、嬉しく思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今年出産を迎えた主婦です。
妊娠中から出産後未だに吐き気があります。
毎日毎日気分が悪くて、泣く日々です。

そして恥骨もまだ痛くて、
骨盤も変な感じがします。

左のはし側の背中から、骨盤にかけて
不快感があり、違和感みたいな感じがあり
そこから何か気分が悪くなってる感じがします

整形外科に行っても恥骨は次第に痛みもなくなると言われて
出産後よりは少しましになりました。
MRiもしましたがヘルニアではなかったみたいです。
ただ背中の骨が真っ直ぐになっていて
筋肉がカチカチになっていると言われました。

それから、できる限り歩いて運動したり
してますが、左の背中から骨盤の不快感は
消えませんし、吐き気も収まりません。

病院に行っても以上はありませんでした。

このような症状から思いあたる事はありますか?
また背中から骨盤の不快感はなんでしょうか。。

可愛い赤ちゃんが頑張って毎日育ってる中
私は毎日気分が悪くて十分に余裕がありません。

整体で治るのでしょうか?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

ここから当院の返信です。
(名前は隠させていただきます。)

 

○○様、お問い合わせありがとうございます。

こばやし整体院の院長、小林誠と申します。

ご質問の内容から、辛い日々を送られているようで、
○○様の不安が少しでも少なくなればと考えております。

以下に、私の見解を書かせていただきますので、1つの参考に
していただければと思います。

 

 

まず、吐き気についてです。

お腹が大きくなった妊婦の方が、電車やバスで座席を譲ってもらって
座っていると、立っているときは気持ち悪くなかったのが、徐々に
気持ち悪い、吐き気を催すといった経験をしたことが、もしかしたら
○○様にもあったかもしれません。

これはどうして吐き気が出るのかといいますと、妊娠中の方はおなかが
大きくなります。

椅子に座ったりすると横隔膜が圧迫され、それが原因で吐き気を催すことが
あるためです。

 

 

出産をしても、横隔膜の緊張だけが抜けていない状態になっていますと、
お腹を抱え込むような体勢をとると、気持ち悪くなる可能性がないとは言えません。

 

また、出産後は赤ちゃんに母乳を与えたりするなど、赤ちゃん中心の生活リズムと
なります。

十分な睡眠がとれなかったり、赤ちゃんが泣きやまないなど、
ストレスが次第にたまるようになり、自律神経のバランスが乱れて
しまうのは、○○様だけではありません。

 

横隔膜はホルモン系の臓器となります。

ホルモン系の臓器の司令塔は、脳下垂体となります。

また、出産されたことで生殖器には大きな負担が当然のごとく掛かります。

この生殖器(女性で言えば、子宮と卵巣)もホルモン系の臓器となります。

 

ストレスには、大きく分けて4つの種類があります。

1つは、皆さんが言う精神的ストレス。

2つ目が、骨盤が歪んだり、背骨の歪んだりする、構造的ストレス。

3つ目が、暑い寒いなどの温度や湿度による物理的ストレス。

4つ目が、車の排気ガスや空気汚染、シンナー、壁紙の接着剤の成分など化学的ストレス。
食べ物の過不足なども含まれます。

 

○○様が出産されたあと、骨盤のゆがみが大きく残ってしまっている。

恥骨の痛みは徐々に減ってきているようですが、恥骨は骨盤の一部です。

ということは、骨盤のゆがみは残っている状態です。

 

以上のことを考え合わせますと、骨盤のゆがみと腹部の緊張が
あることによる横隔膜の緊張による吐き気の可能性が高いのでは
ないかと思います。

腹部の緊張というのは、”腹直筋などの筋肉が伸びない状態になっている”
ということも指しています。

 

 

このような状態ですと、整体などのゆがみを取る方法は、有効ではあります。

しかし、歪みが起こしている原因が筋肉や自律神経のバランスンの乱れが
影響していることを考えますと、歪みだけでなく内臓の調整も行う
治療院に行かれることをお勧めします。

出産後の吐き気は、歪みだけが原因ではない

整体で筋肉と自律神経にアプローチできる治療院もありますし、
カイロプラクティックにも内臓反射調整(CMRTと言います)のテクニックが
あります。

また鍼灸で治療をするということもありだと思います。

いずれにせよ、痛みや症状だけで対症的に治療を行うところよりも、
全体が見れる治療院に行くべきです。

 

では、どのようにして見つければいいのかと言いますと、以下のことを
確認するようにしてみてください。

 

  • 内臓の調整が可能なのか
  • 冷え性に対しての治療が可能なのか

 

この2つw確認してみてください。

 

ちなみに、背中から骨盤の緊張は、歪みから発症している
のと、育児による過労によるもの、自律神経のバランスが
乱れていることによるものの3つが重なった結果ではないかと
思います。

 

○○様の今現在の家庭環境が分かりませんが、だれか日中赤ちゃんを
見てもらうことが可能であれば、預けて○○様は治療に通うべきでは
ないかと考えます。

この状態で我慢を重ねますと、育児ノイローゼに進行していきます。

今現在、適切な治療と適切な生活習慣で回復していく可能性が高い
と思います。

 

もう1つちなみにですが、病院で異常なしと言われたのは、
「骨と内臓などに、損傷がありませんよ。」ということを
指しています。

血液検査をされたかどうかは、文中にありませんでしたが、
内臓の機能に関しては、MRIでもCTでもレントゲンでも
分かりません。

中の組織に問題はないということですから、不快症状の原因は
自律神経の問題や歪みなどで起こる内臓なども含む機能の低下
が原因と考えます。

 

 

不快な状態が続いているということですが、散歩など動ける範囲で
体を動かすことも回復を促進させます。

育児で嫌でも頑張っていらっしゃるのですから、無理して多く
歩いたりしないようにしましょう。

○○様のできる範囲で十分です。

それが日によって、調子も変化する可能性がありますので、
「昨日よりも頑張らなきゃ。」とかいう考えは、今は捨てるように
していただければと思います。

 

恥骨の痛みに関しては、左右の恥骨の間に恥骨結合という
軟骨がありますが、ここに炎症があるかもしれません。

恥骨周辺をアイスノンなどで冷やしてみて、”気持ちいい”
という感じがしたら、まず炎症が出ていっるので、冷やすことを
お勧めします。

冷却時間は、7分程度でやめるようにしてください。

 

だいぶつらい状態でいらっしゃるということで、心中ご察し申しあげます。

文中に書かれていた情報から、私なりの見解を書かせていただきました。

 

かなりの長文になりましたが、参考にしていただければ幸いです。

早い回復を祈っております。

 

こばやし整体院
小林誠

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こんな感じで返信しました。

その後返信があり、少々遠距離だったため、ほかの治療院を
紹介させていただきました。

早く元気になっていただけると良いですね(^.^)

 

当院にも妊娠中、出産後の恥骨の痛みで来院される方がいらっしゃいます。

正直いますと、産後の方が回復は遅い傾向にあります。

どうしても無理をしなくてはいけないのと、先にも書きましたが
慢性的な睡眠不足による自律神経失調症になっていくため、
正しい体の感覚が分からなくなってしまう方が大多数だからです。

 

妊娠中の場合は、切迫早産などのこともありますので、産婦人科の医師と
よくコミュニケーションを取っていただければと思います。

多くの場合は、仙骨の微妙なバランスの乱れが影響していることが多いのですが、
それだけが原因ではないこともあります。

なにごとも、決めつけすぎるのは良くないですね。

 

今回のような質問をいただくと、初心忘れるべからずと思います。

 

 

=============================

【西東京市ひばりヶ丘の整体マッサージ】こばやし整体院

http://www.seitai1.com/

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ