アジアカップ2015 日本代表はベスト8止まり

アジアカップ2015

2015アジアカップ オーストラリア大会の準々決勝が
行われ、日本代表はUAEにPK戦の末、ベスト8で敗戦と
なりました。

PK戦は、時の運と言われますので、いくらゲームを
支配していたとしても、負けることがある。

もっと言えば、力が上のチームが負けることがあるのが
PK戦です。

ACミラン 本田圭祐

何度も追加点を奪えるチャンスがあったのですが、
それをことごとくものにできなかったのが、最後の最後に
響いてしまったという展開になってしまいました。

 

前のゲームから中2日しかなかったのも、影響があったと思います。

だからと言って、アジアレベルでは負けることは
今や許されない状況になっています。

 

ただ、選手たちは本当に頑張ったと思います。

万全の状態の選手は、おそらくいなかったと思います。

 

交代枠を気前よく使ってしまったことも敗戦の理由の
1つだと私は考えます。

 

今回負けたのは必ず理由があります。

若い選手が思ったよりも育っていない、ワールドカップ後
ベテランばかりに結局は頼っていたことなど、課題は
山積みと言ったところでしょうか。

サッカー日本代表は、アジアカップ2015はベスト8止まり

もう上の写真のような場面を見たくないものですが、
育成の問題なども含めて、日本サッカー協会はいいかげん
考え方を変えないと、サウジのようになってしまう。

今日のゲームを見ても、UAEの選手の方が技術はあると感じる
選手が何人かいました。

 

今後UAEなどに足元をすくわれることがないように、
育成や監督選び、選手選考や親善マッチの対戦国選びなど、
課題は本当に山ほどあります。

 

正直ゲームは途中からワンサイドになっていただけに、
PKは時の運と言っても、悔しいものがあります。

4年後はまた優勝できるチームになっていることを
祈っています。

今大会も連覇は固いかなと思っていたんだけどね~。

 

 

===============================

【西東京市ひばりが丘の整体】こばやし整体院

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

コメントを残す

このページの先頭へ