コパアメリカ、地元チリ初優勝!

コパアメリカ2015チリ優勝

この話題は、サッカー好きでなければ、なんら興味も
湧かないでしょうが、私は非国民と言われるのを覚悟で
白状しますと、なでしこよりもコパアメリカの決勝の方が
気になって仕方がありませんでした。

以前は南米選手権と言われ、南米ナンバー1を4年に一度
決める大会でしたが、今では中米などの大陸からも数か国
招待する形となりました。

4年前に日本も招待されていたのですが、東日本大震災の影響で
参加を辞退したというのは、当時話題になりました。

なお、日本は99年に参加しているのですが、この時は
3戦全敗で帰ってきています。

日本のホームでは、勝ったことのある相手(パラグアイ)にも
完敗でした。

コパアメリカ2015チリ優勝

まぁ、当時の事は置いときまして、今回は世界ナンバー1のメッシ
率いるアルゼンチンと、悲願の初優勝を目指す地元チリの間で
決勝戦が行われました。

 

タイトルに、地元チリ初優勝!とびっくりマークまで付けましたが、
個人的には個の力で上回るアルゼンチンが優勝したと書きたかった
ですね~。

コパアメリカ2015チリ優勝

ゲームを見ましたが、ヨーロッパでは少なくなってきたあからさまな
ホームタウンディシジョンが南米では存在するという事実。

結構チリに有利になる判定が下されることも、珍しくない大会でした。

まぁ、裕福な国が少ない南米では、審判に金を掴ませて、買収してしまう
なんてことは日常茶飯事。

 

メッシが国際タイトルを初めて掴むかと世界的に注目された大会でも、
30年くらい前に逆戻りしたのかと、ある意味懐かしくなるものが
みることが出来ました。

ただ、選手を守るためのルールですので、良い選手がつぶれてしまうような
ファールには厳正なジャッジが必要ですね。

 

ブラジルのネイマールが、敗戦後の敵ディフェンダーにボールを蹴って
当てて退場となって、その後4試合の出場停止になりましたが、
そんなことに目くじらを立てるのではなく、明らかにヨーロッパでは
レッドカードになるプレーもただのファール、もしくは笛もならない
なんてこともありました。

そういうのは、どうなのかなと思うのは、日本人感覚であり、
まだまだ甘いのかも知れないです。

 

私としては、チリも良いチームではあることは認めますが、
やはり優れた選手が当然の結果を得て欲しいと思ってしまいます。

コパアメリカ2015チリ優勝

サッカーは1人で行うスポーツではありません。

なので、メッシがいくら優れていても、チームとしては負けることも
あるのがサッカー。

早くから世界的な選手となったメッシですが、次のワールドカップでは、
30歳くらいになっています。

3年後のワールドカップロシア大会で優勝できなかった場合、
その翌年に行われる予定のコパアメリカが最後のチャンスとなります。

 

と思いましたら、コパアメリカ開催100周年ということで、2016年に
つまり来年行われるのでした。

こういうところは南米らしいというか、ラテン系らしいです。

 

メッシは来年も頑張ってもらいたいです。

 

歴代のスーパースターともメッシはすでに肩を並べる存在だと
思っています。

現在世界ナンバー1のメッシが、来シーズン以降どんな活躍を
見せてくれるか楽しみです!(^^)!

 

===================================

こばやし整体院【西東京市ひばりヶ丘の整体】

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ