健康教室を開催しました。

西東京市ひばりが丘の整体 こばやし整体院

2/17(土)は久々に健康教室を開催しました。

参加は募集人数目一杯の6名。

座学の時は集まりが悪い傾向があるので正直意外でしたが、
お断りした方も複数名いらっしゃったので、注目度は高いのかなと感じました。

 

 

テレビや雑誌などの媒体で、セロトニンと言う言葉を聞くけど、ほとんどの方は
いまいち理解出来ないのではないかと思います。

それは仕方のないことです。

テレビなどは視聴率が大事なので、目を引くような構成にしたり、
大事な途中の解説や経過が伝えられることはありません。

 

 

本当に大事なことは何か、うつ病から(気分障害も含む)改善するためには、
何を知らなければいけないのか、自分できることは何か、パニック障害など
復職するためには何が重要なのか(これは触れた程度で終わりました。)

 

セロトニントレーニングの注意点、実際に皆でやってみるには、
時間もスペースも十分ではなかったので、その点が主催者として
参加された皆様に申し訳ない限りです。

 

自律神経のこと、うつについて、セロトニンについて、細かくは
ここでは書きませんが、まだまだ伝えきれていません。

予定時間は1時間半で納められるかなと開催前までは思っていましたが、
いざやってみると時間が全然足りない・・・

 

今後は人数が集まった場合は、開催場所を広いところにするか、
講義時間をもう少し長くしていかないと、いかんな~と思う次第です。

 

セロトニンも大事ですが、自律神経トラブルには、他にも重要な事があります。

基本的なことになるのですが、〇〇〇サポート・体力・〇〇の対処能力・自己〇〇感
のこともお伝えしました。

ここをもっと説明したかったです。

 

病院で抗うつ薬(SSRI・SNRI)が処方されますが、その薬の働きはどういうことなのか、
セロトニン取り込み阻害薬ってどういう意味?など、ネットなどで調べた方は、
言葉や文章は知っていても、具体的に頭の中でどのように働いているのか、
その効果と実際は?現実は?参加された皆様は、理解出来たのではないかと思います。

 

年内は開催が難しいのが現状なので、今年の健康教室の開催はありません。

でもどこかで時間を設けて、お伝えする機会を設けていきたいと思います。

今回はレジュメも用意させて頂きました。

私のお伝えすることは、医師との見解とは異なります。

 

西洋医学は、経験医学。

 

まだまお伝えできていないことがあります。

 

今回は、セロトニンの役割、自律神経、抗うつ薬、うつから抜け出すために何が必要なのか、
そしてお伝えできなかった、{エビデンスに頼りすぎると痛い目を見る。」

 

次回の開催時には、その理由に関してもお伝えしたいと思うところです。

 

自律神経に関しては、全身に分布されている神経なので、奥が深いです。

 

また基本的なことも含め、健康教室を通じてご縁のある皆様にお伝えしたい、
元気になるための知識、気を付けるべき事もお伝えしたいですね。

 

 

今回時間を作って頂いた6名の皆様、ありがとうございました。

 

至らない点も多々あったかと思いますが、温かく聞いて頂き感謝です。

 

今度、自院で開催するときは、4人にしようなど、いろいろと勉強になりました。

 

なお、最後に参加者の写真を撮りますと宣言していたのですが、
すっかり忘れていて時間が押したこともあり、「さようなら~気を付けてお帰りください~。」
と見送りましたので、証拠写真はありません(^_^;

 

それも見送って数名患者さんを治療して、一息ついたところで気がつく始末・・・

完全に抜けていました。

 

なので、誰もいない写真をアップしておきます(笑)

 

 

=================================

【西東京市ひばりヶ丘の自律神経専門整体】こばやし整体院

http://www.seitai1.com/

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ