顎関節の痛み

顎関節症 西東京市ひばりヶ丘の整体 こばやし整体院

顎の痛みが発症してしまいますと、
あなたが日常生活を送る上で様々な困難が
待ち受けています。

「喋っていると顎が痛くて話せなくなる。」
「顎が痛くて、食べたいものが食べられない。」
「耳の奥が痛い。」

顎が痛いと思うようにいかなくなると、コミュニケーションを
取ったり、楽しい食事を摂ることも困難になってしまいます。

顎関節の痛みでお困りの方は、以下に当院の施術方針を
書きましたので、じっくりお読みください。

顎の痛み・歪みが全体に波及する

食事の際の顎の痛みでお困りなら

顎関節は、頭蓋の一部分です。

顎だけ歪んで、他の所は何も歪んでいないと
いうことはあり得ません。

また頭(頭蓋)は、体全体の司令塔となります。

頭蓋は体の各パーツと密接に関連し合っております。

長年の痛みなどの慢性症状を抱えている方の中には、
体の不調や痛みなど不快症状の原因が、頭蓋の歪みが
関係していることも少なくありません。

臨床例では、坐骨神経痛の方が顎も含めた頭蓋調整を
施術した結果、改善が認められた臨床例はかなり多く
あります。

めまいなどの自律神経トラブルの一因になることも・・・

口を開ける際の顎の痛みでお困りなら

顎関節を構成するのは、下顎骨の関節突起と側頭骨の関節窩というところになりますが、これらは頭蓋の一部になります。

ここに歪みが生じれば、他の側頭骨や後頭骨・前頭骨など連動する形で頭蓋全体の歪みが生じます。

顎の歪みを放置していると、他の頭蓋の骨も連動して
歪む関係上、偏頭痛や眼精疲労・めまい・耳鳴りなど
自律神経トラブルの症状の遠因になることもあります。

めまいや耳鳴り、頭痛、動悸など、自律神経トラブルで
来院されている方に、自覚症状のない顎関節の施術を
行うことも良くあります。

一番の対策は、専門家に診てもらい施術を受けること

顎の痛みでお困りなら

当院に来院される方が訴えられる顎の痛みは、
口を開けた際に痛む「開口制限」と
口を閉じたときに痛む「閉口制限」の
2つに分けられます。

食事の際に痛むと訴えられる方が、
当院では80%以上になります。

「食べるときに口を開くと痛い。」
「ものを噛むと痛むので、固いものが食べられない。」

食べることは人間の生存欲求を妨げかねません。

どうすればいいのか分からない、他ではいまいち満足できなかった
あなたもお気軽にご来院ください。

顎関節の痛みには、こんな施術をします

64c6103a1092189520590f3148659262_s

顎の痛みでお困りのあなたには、初めは
めはどのような状態なのかをチェック
したうえで、適切な施術を施させて
いただきます。

顎に痛みが出る原因は、人それぞれです。

顎を開けたり閉じたりするために使う筋肉の
状態が、どのようになっているのか、
顎関節の機能が正しく働いているのか、
それ以外にも顎関節にトラブルがあると
いうことは頭蓋の歪みも生じています。

頭蓋全体の歪みや機能が正しく働いているのかも
チェックさせていただきます。

当院では顎関節の調整だけでなく、側頭骨や後頭骨など
他の頭蓋の修正と、顎関節の関連した個所の調整も
必要に応じて行わせていただいております。

※口腔外科で診断された方で、関節円板に重度の変形
が認められ医師から手術を勧められたことがある方は、
院長まで一言お知らせください。

当院では、あなたの痛みの根本改善を目指して
取り組んでいきますので、どうすればいいのか
分からない、他ではいまいち満足できなかった
あなたもお気軽にご来院ください。

顎関節の患者さんの声

当院に来院された顎関節の痛みでお悩みだった患者さんから
いただいた感想をご紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

K・Fさん
<会社員>

「苦痛から解放」
(顎関節痛で来院されました)

あごの関節が開くたびに痛みがあり、 食事の度に苦痛で、小林先生にお世話に なりました。 施術は強い痛みの治療はせず、やさしい調整で していただき、説明もして下さりながらでしたので、 安心して受けられました。 翌日から朝起きるたびに、あごの痛みが少なくなってきて、 日にちが経つごとに消えてきて、2回目の受診後には、 ほとんどなくなりました。 苦痛から解放していただき、ありがとうございました。

OAさん
<学生>

「食事をするのも苦痛だった顎の痛み」
(顎関節痛で来院されました)

左側のあごが、いきなり噛み合わなくなって、 痛みもかなり出てきて、ここに通い始めたのですが、 たった3・4回の治療で、さっぱりなくなりました。 ここで治療を受けて、本当に良かったと思いました。 食事の時は特に辛くて、食べ物を口に入れること、 そしてそれを噛むという一連の動作が本当に苦でした。 また、あくびや笑ったりする時にも、痛みは伴って いたので、 普通に生活を送るだけでも非常に辛かったです。 治療の結果、こういった苦労がさっぱりなくなりました。

このページの先頭へ