肩関節痛・四十肩

肩を酷使すると・・・

正式な疾患名を肩関節周囲炎といいます。

肩関節を動かすものの1つとしてローテーターカフ
(回旋筋腱板)という腱の集まっている所が炎症をおこし、
痛みで腕が上がらなくなります。

 

これはその名の通り、昔は40代・50代の方に多くなって
くる傾向にありますが、最近では20代など若年層でも
この症状で苦しまれている方が増えてきています。

 

使い過ぎによる過労、小さな外傷の繰り返しなどが
原因となって、ローテーターカフや肩関節及び周囲に
炎症が生じるようになります。

筋力のある方や頑張りが利く傾向のある方に
多いようです。

また普段と何の変化もない生活でも、デスクワークなどで
右利きの方が左手を支えにしていると、筋肉疲労が過度に
なると炎症が起き、痛みが発症する場合もよくあります。

 

四十肩でお困りの方は、四十肩についての施術方針を
書きましたので、じっくり見ていただき参考にして頂ければ
と思います。

 

上にあるものが取れない

スポーツする際には肩関節が重要

当院に来院される患者さんのほとんどは、最初は自己負担の少ない 病院や整骨院に行かれてから、にっちもさっちも行かなくなって 来院される方がほとんどです。

ただ痛めて最初に病院できちんと調べてもらうことは、決して 無駄なことではありません。

 

電車などのつり革につかまれない。
電球を替えられない。
テニスのサーブが上から打てなくなった。

などでお悩みのあなた。

 

肩を上げることが不自由になりますと、特に主婦の方は
生活にも支障が出てきまます。

また健康ブームでスポーツをされる方が増えてきていますが、
肩関節が果たす役割は大きいものがあります。

楽しくスポーツをするためにも、肩の痛みがない方が
良いのではないでしょうか。

 

なかなか四十肩が回復していかないというあなたも
お気軽にお問い合わせご来院ください。

 

肩関節痛・四十肩にはこんな施術をします

腕を上げると痛い

肩の状態が急性期なのか痛めてからある程度機関が経っているのかで、
最初に行う処置が変わってきます。

当院の患者さんから、電気治療や光線治療をしていた経験がある
という声を聞くことがあります。

当院で行うのは、肩の動きの制限がどこにあるのかを
把握した上で全身のバランスや重心などがどうなって
いるのかをチェックします。

 

肩関節の痛みだけに限りませんが、意外なところが肩関節
の痛み(四十肩)のキッカケになっていることがあります。

また稀ですが、首の椎間板の圧迫(ヘルニア)などにより、
肩関節に影響を与えることもあります。

基本的には患部の状態をよく調べたうえで、全身のバランスを
診させていただきます。

 

当院では、あなたの痛みの根本改善を目指して取り組んで
いきますので、どうすればいいのか分からない、他では
いまいち満足できなかったあなたもお気軽にご来院ください。

 

肩関節痛・四十肩が改善された患者さんの声

当院に来院された腰痛でお悩みだった患者さんから
いただいた感想をご紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

K・Nさん
<公務員>

「ウソのように痛みが消えて驚きました」
(肩関節痛で来院されました)

肩が痛く、生まれて初めて整体院を受診しましたが、 数回受けただけで、ウソのように痛みが消えて 驚きました。 おまけに肩甲骨が動いていないことも初めて知り、 治療と教えられたストレッチで動くようになり、 とても感謝しています。

M・Hさん
<会社員>

「身も心もバンザイでした」
(肩関節痛で来院されました)

半年間も放置した四十肩が、いよいよひどくなり、 痛みで夜も眠れない状態で、こちらにやって来ました。 他の整形外科に行ったがダメでした。 初めはなかなか好転せず、ここもダメかと思ったのですが 「バランス」を信じて通院。 腕が頭の上まで上がった時は、身も心もバンザイでした。 痛みも今はほとんど取れて、あともう少しです。 難治の方も信じて頑張って! 小林先生、ありがとう!

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

 

※当院は保険診療ではありません

このページの先頭へ