朝起きたときの腰痛対策

慢性的な朝起きたときの腰痛

腰が慢性的に痛い方は、朝起きるときに痛む事もあると思います。
ある患者さんから、「母親が朝腰が辛そうなんですけど、何か対策はないですか?」ということを尋ねられました。
簡単な慢性腰痛であれば、以下のことをやってみることをお勧めします。
これから紹介することは、夜寝る前に行ってください。

体の脇を伸ばす側屈体操

まずは、体の脇を伸ばす「側屈体操」です。
ラジオ体操の中にも体を傾ける動作の体操がありますが、そのストレッチ版を行うと良いです。
左右とも行ってください。
30秒から40秒くらいで構いません。

腹部を伸ばす


他には、うつぶせの状態で腹部を伸ばす体操を行うと良いです。
具体的にどのように行うかを説明します。
うつぶせの状態で、写真のように手で体を反らせるか、それがキツい場合は頬づえをつく恰好を行います。
その状態を40秒維持していただければ、腹部が伸びてきます。

まずはこの2つを、2~3セット行ってみると良いでしょう。
ヘルニアや座骨神経痛がある方は悪化する場合がありますので、腹部を伸ばす体操は控えましょう。


これはあくまで簡単な腰痛には有効ですので、治療が必要な状態の場合は、適切な治療を受けましょう。
2つの体操を行っても、痛みが変わらない場合は、治療が必要と判断することも出来ますね。
その場合は、専門家に診てもらってください。

042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中