運動不足の方のための足指歩き

自律神経トラブルから抜け出すには、バランスの取れた栄養(食事)・十分な睡眠(質の良い睡眠)・そして適度な運動が必要になります。
その他にもストレスに対しての対処能力や、自己尊重感・まわりの環境とあなた自身を本当の意味で理解してくれる存在・体力が必要になってきます。
その中で体力に関しての情報を提供しますが、運動しなければいけないのは分かっているんだけど・・・と言う方に、室内で出来る簡単な方法をお伝えします。

簡単と書きましたが・・・

運動をすることは健康を維持・向上させるためには必要になってきます。
習慣になるまでは大変なこともあるでしょう。
毎日やらなくてはいけないと考えず三日坊主でも良いので、三日坊主を何度も繰り返すことが出来れば、それは素晴らしい成果となって現実となるでしょう。

室内で出来る運動の一例

運動するメリットは、自律神経のバランスを整えることにも繋がります。
運動に慣れていない方は、いきなり100%で体を動かさない方が無難です。

裸足で絨毯や畳の上を「足指だけを使って歩く」ようにしてみましょう。
畳一畳分を目標に頑張ってみて下さいね。

これだけやれば大丈夫ではありませんが、足底の筋肉を使うことになります。
そうなると、ふくらはぎまで筋肉が稼働することになるので、血液循環が促進されます。

冷え解消にも繋がります。

足裏を刺激すると・・・

歩くことが推奨されているのは、楽に運動が出来るからだけではありません。
足裏の筋肉が働くためには、歩く動作がないと働いてくれません。
足裏には内臓の反射区がありますので、刺激することで内臓も活性化されます。
激痛で有名な足つぼマッサージがありますが、内臓反射区には刺激が入りますが、足底筋自体が鍛えられるわけではありません。
足底筋を歩くことで刺激されるので、鍛えられる=ふくらはぎの筋肉も働くようになる=筋肉が動くことで生じるポンプ作用で血液循環が促される。
歩くことが良いですが、時間がない方や運動に抵抗感がある方は、足指歩きを参考にしていただけたらと思います。

西東京ひばりヶ丘の自律神経専門整体院 こばやし整体院

自律神経失調症特設ページ

042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中