ふらつき(めまい)の臨床動画の一部

ふらつきが春から夏に移行してきた頃から出るようになり、辛い状況になったと言うことです。
仕事では草刈りなど下を向くことが多いそうで、その後からフラつきに悩まされ散るとのことでした。
夏場で外での仕事が主なので熱中症も疑いましたが違いました。
今回は当院で行っている検査と施術の一部を公開致します。



施術する前に何が原因になっているのかをチェックするのが大事

めまいやふらつきに限らず、何が原因でふらつきが発症しているのかを把握することが大事になります。
同じふらつき・めまいでも人により原因が違うことがあるのです。
まずは大まかな負担になっている箇所をチェックした結果、この方の場合は前頭野というところに負担が掛かっていました。

原因は複数絡んでいることが多い

最近はスマートフォンの普及により目に負担が掛かるようになり、目の負担が増すことで後頭部周辺に緊張や重いなどの不快感が出てしばらく我慢した結果、地に足がついていないような感覚になる「ふらつき」を発症するケースが多いです。
こちらの方はスマートフォンを所持しておらず、パソコンの閲覧時間も少ないけど、細かい作業を繰り返し仕事では行うようです。
日々のダメージが積み重なり限界を超えた瞬間、目まいなどの症状が発症するようになります。

一般的にはめまいの原因を三半規管とする傾向もある

フラフラするということは平衡感覚が悪いと言うことで、平衡覚を司る三半規管と決めつける医療機関も存在することを耳にしていますがそうとは限りません。
今回の動画で平衡覚に関しては異常がないかチェックしています。
動画内で私が軽い力で骨盤のあたりを押していますが、患者さんが触る場所によってバランスを崩している場面がありますが、あれは脳からの反射を見ています.

施術後は軸がしっかりしてフラつきも軽減

最後まで動画を見られれば分かると思いますが、検査時にバランスを崩さないようになっているのが分かると思います。
また重心軸もしっかりするので、片足立ちでの負荷にも耐えられるようになっています。
重心軸の検査は術前に忘れてしまったのでビフォーアフターは見られておりませんが、私も下方向にそれなりの力で引っ張っています。
今回は頭蓋と関節に負担が掛かっていたのですが、何処の関節に負担が掛かるかはその人によって違います。
また同じ人でも以前と全く同じ原因でめまいが発症するとも限りません。
大事なことはその時に負担になっている、原因になっているところを見極めることです。
それが分かって、始めて施術に入ることが出来るのです。

元気になる上で大事なことは・・・

今回の動画では患者さんもスッキリしてきた様子になっておりますが、一回で誰でもスッキリするとは限りません。
症状が発症したのが最近だったとしても、負担を掛け続けた期間は数十年であれば、それだけ原因となっている根が深くなっています。
着実に一歩一歩改善していくことと、めまいや自律神経失調症などになった生活習慣を見直し徐々に変えていく努力がとても重要です。
なぜなら自律神経失調症になった生活習慣を変えていかなければ、施術を受けて元気になっても必ず同じ症状が時間の経過と共にあなたに襲いかかってくるからです。
どうするべきなのかは症状は同じめまいでもアドバイスは異なります。
あなたにとって必要な事をピンポイントでご希望の方にはお伝えしております。
何事にも元気が一番です。
めまい・ふらつき・回転性めまい整体特設ページ

042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中