ストレッチで柔軟性が増す人、効果がない人

怪我をしにくい体を手に入れるには、筋肉の柔軟性が必要です。
そのために行われるもので、一番ポピュラーなのがストレッチ体操。
でもやり方が間違っていると、なかなか柔軟性が出てきません。
当院に来院されている患者さんに、実際にご家庭で行っているストレッチをやっていただいた結果が下の写真です。

ストレッチ指導前


膝が曲がっている状態ですね。
ちなみに、代表的な開脚のストレッチをしている最中、股関節が結構つらかったみたいです。
次の写真が、ちょっと意識を変えてもらってから行ったものです。

ストレッチ指導後


まだ膝が多少曲がっていますが、肘が床についています。
この時、股関節周辺の辛さはなかったそうです。
明らかなビフォーアフターが見られました。
ちなみに、この状態になるまでに要した時間は、私が指導してから行っていただきましたので10秒掛かっていません。
通常ですと、かなりの時間を要するのですが、正しいストレッチのやり方をすれば効果は即効性です。
健康になるために行っているストレッチが、却って不健康になっていく、体のゆがみを作っているのでは、面白くないですよね。
是非、正しいストレッチを知っていただきたいです。
正しいストレッチを知りたい方は、有料で指導していますので、お気軽にお問い合わせください。

こばやし整体院

042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中