自律神経トラブルと育児による心身のダメージ

ギックリ腰を数年前に患ってから体の歪みが取れず、定期的に腰や背中、精神的に安定性を欠くことが不定期に襲ってくる症例です。
良く骨盤の歪みを矯正すると言うのを目にしたり耳にしたりすると思います。

ストレスを大きく分けると4つに分けられます

①精神的ストレス:これは皆さんが考えているとおりで、嫌なことがあったり、この人に接するのは嫌だなと感じるなどの時に感じるものです。
②物理的ストレス:季節の変わり目には大気が変わりますが気圧の変化が生じますが、気圧や温度などの変化を指します。
③構造的ストレス:骨盤の歪みや猫背や側湾などの状態が続くことを脳はストレスと感じます。
④化学的ストレス:化学物質、栄養の過不足、たばこ、アルコール、添加物などを接種することで体内で化学変化を起こすストレス

体の歪みは構造的ストレス


左が全体の歪みを取り除く施術の実質1回目の状態です。
右がその後2回施術した後の写真です。右の方が重心が良くなっていることが分かりますね。

施術前の動画

こちらは施術前に撮影させていただいた動画です。
右に捻る動作に制限があり、ご本人も不調と痛みを訴えられていました。
主に上半身に問題があると言うことがこれだけで判明します。

施術後の動画

この動画の時点では、この日に行った施術はまだ完了していないのですが、途中経過を撮らせていただきました。
ちなみに写真に関しても同様です。
右に捻る動作の制限がかなり解除されていますね。
施術前の動画では撮影されていませんが前屈でも腰の痛みと硬さがありました。
施術後はだいぶ楽に動かせ前屈時の可動範囲も広がって、もう少しで床に手が届くかな。
座った状態でも腰が曲がっていたのが、リラックスした状態でも背筋と腰が伸びて、座っているのが楽だとおっしゃっていました。

自律神経失調症になるのは精神的ストレスだけとは限らない

自律神経失調症が発症するのは、その人のストレス耐性が関係します。
ストレスに強い人はストレスを溜めるバケツが大きいと捉えてください。
逆にストレス耐性が低い人は、ストレスを溜めるバケツが小さいことも考えられますが、違う可能性もあります。
それは「元々は大きなバケツを持っているけど継続してストレスに晒されているため溢れ出てしまっている。」状態である。としたら・・・
表面張力で水がすぐにでも溢れこぼれる様な状態であれば、ちょっとのことで水が溢れます。
この溢れ出てしまった状態が、あなたにとって不都合な症状が発症した段階と捉えてくださいね。

自律神経失調症はいろんな不調が現れる

「4つのストレスの総合点」があなたの限界を上回れば、あなたにとって一番弱いところに発症します。
自律神経は皮膚も含め全身に分布されている神経です。
代表的な食欲不振、意欲低下、睡眠障害などはありますが、”なにが出てくるかは分からない”です。
例えば目眩が良くなったとしても、頭痛が出てきたり、息苦しさに変わったり・・・
昔パニック障害で悩んでいた方なら、しばらく治まっていたけど突然パニック症状が発症することもありえるのが自律神経トラブルです。
中には”かゆい”と訴えてくる方もいます。

セロトニンは適切量が大事

自律神経が整えば多くの方が大好きなセロトニン=幸せホルモンとメディアでは言われている物質が適切量適切なタイミングで分泌されるようになります。
どんなことにも言えるのですが、過剰にセロトニンが分泌されるとそれはそれでトラブルが生じます。
何にでも言えることですが、適量・適度・適切が大事です。
※SSRI系の抗うつ薬を服用して「死にたくなる」衝動に駆られた場合は、すぐに医師と薬の変更もしくは中止など相談することを強くお勧めします。


自律神経整体特設ページ
産後整体特設ページ

042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中