冷え・末端冷え性でお悩みの方が出来る対策

冷えは万病の元!

「冷え」ている状態が持続的になりますと血流が悪くなり易く、老廃物の滞りによる筋肉の緊張が起きます。

慢性腰痛や慢性の肩こりは、疲労が原因になって酷くなるとギックリ腰の遠因になることもあります。

自律神経トラブルに「冷え」は御法度と言えます。

なぜなら冷えることで交感神経が優位になるので、興奮した状態になります。

リラックスが必要な体にとっては、冷えは真逆の状態に誘います。

冷え対策

誰でも出来る「冷え」対策として一番良いのは、「半身浴」もしくは「足湯」をすることです。

様々なメディアですでに紹介されているので、ご存じの方も多いでしょう。

半身浴の場合は、お湯の温度が40~41℃くらいで10分程度「みぞおちから下」をお湯につかるようにします。

10分くらい半身浴をしていると、汗が出てくる傾向があります。

足湯に関しても、時間は10分くらいを目安にしてみましょう。

お湯の温度も40~41℃くらいで良いと思います。

なお入浴時間を長くすると体の芯まで温まってきますが、苦しいほど行ってはいけません。

苦しいほどガマンして入浴してしまうと体は疲弊しますので、自律神経トラブルのある方は特に避けて頂きたいことです。

足湯・半身浴をする際に気をつけること

半身浴や足湯は冷え対策においては誰でもが行えるポピュラーな良い方法です。

ただしやり方を間違えますと、効果がなくなるばかりか、自律神経のバランスを乱す要因になることもあります。

やってはいけないこと。

それは足湯や半身浴をする前に”お湯をかぶってしまうこと”です。

これを行うと、お湯につかっているところは温かくてもお湯から出ているところは時間の経過と共に冷えてきます。

お湯は元々水に熱を加えたものです。

時間が経てば、お湯は水になります。

したがってお湯(=時間の経過で水になる)を入浴前にかぶったら冷えるのです。

湯船に入る前はお湯をかぶらず、蓋をして半身浴をすると良いでしょう。

体温を上げるために

体温を上げるのに手っ取り早いことは運動をすることです。

ただし激しいスポーツをすれば良いというわけではありません。

運動することは定期的に行うことが大切です。

誰でも知っていますよね。

定期的に出来る要素を上げるなら、余裕を持ってその運動を行うことが出来ることから始められると良いと思います。

歩くこと、水泳が好きなら水中ウォーキング。

水中ウォーキングは年齢を重ねた方には、概ね有効に働きます。

歩くことが良い理由は、足の裏の筋肉を使うことが出来るからです。

足の裏にある筋肉を足底筋と言いますが、足底筋が働くとアキレス腱やふくらはぎも連動するので動いてくれます。

足底を動かすには歩くことが手っ取り早いです。

あなたがやりたいスポーツをするには大いに歓迎します。

もしテニスなどがあなたのやりたい運動であったら、毎日行うにはそれ相応の体力が必要になります。

専門家としてお勧めするのは、無理なく毎日続けることが出来る方法となります。

時間が確保するのことが難しい方はどうする?

歩くのは良いことと書きましたが、5分もしないうちに終わってしまうのは短すぎます。

忙しく過ごすあなたは、もしかしたら時間の確保が難しいかもしれません。

その場合は以下の方法を試してみてください。

それは足の指だけを使って歩くことです。

畳1畳分を足の指だけを使って1往復してみてください。

靴下を脱いで膝を伸ばした状態で足の指だけを使って歩きます。

いざやってみますと、意外に足の運動量がありますので、足先から温かくなってきます。

ただしフローリングの床の上では行わないようにしましょう。

爪がめくれてきて痛いです。

フローリングの場合は、床にタオルを敷いてその上を足指だけを使い「足指歩き」を行うと良いです。

そして最後のもう1つ。

足と手をグーパーのパーの形のように開くこと。

手であればグーと握ってパーッと手を開くを10回くらい行います。

手と足を開く動作を行うことで緊張の抜けやすくなります。