冷えが悪い理由

「冷えがあると、なぜ悪いのか。」

なんとなくメディアでも冷えは良くないと言っているけど、本当の意味でどうして冷えが悪いのかが分からないと言う方もいらっしゃるのではないかと思います。

今回の内容は、もしかしたら落ち込んでしまう方や不安になる方も出てくるかもしれませんが、やってはいけない事を知る事ができれば、逆のことを行えば良いわけです。

では内容に入りますが、ポジティブに行きましょう!

体温の低下傾向

私たちには誰でも内臓がありますが、内臓は体温が36.5度ある事で正常に働くようになっています。

例えば、雨に濡れたり、寒い思いをすると体がブルブル震える事があると思いますが、これは震える振動を本能的に行う事で、少しでも体温を上げ、体を冷えから守ろうとしているのです。

現代人の体温は、現在どんどん下がっている傾向にあります。

当院の患者さんの体温をお聞きしても、多くの方は35度台です。

ちなみにこの35度台は当院だけのデータではなく、厚生労働省の調べでも出ている立派なデータです。

冷えは免疫力低下を招く

体が冷えれば、“内臓の働きが悪くなり、疲れが抜けにくくなったり、消火吸収も悪くなります。”

これが毎日続けば、いずれ病気になっていくのもやむを得ないと言えるでしょう。

これもすでにデータとして出ているのですが、日本人の死亡原因のトップであるガン(細胞)は、35.0度で最も増殖すると言われています。

ガンと言う事は、腫瘍のことですね。

女性の場合は大事な子宮や卵巣に筋腫などが出来る方もいらっしゃいますが、筋腫などが出来る原因の1つが「冷え」が関係していると言う事になります。

体を冷やす食べ物には食べすぎ注意

 

特に平熱が35度台の人やヘソから下がヘソから上に比べて冷たい女性は、すぐにでも体を温めるようにした方が良いですね。

温めるだけで食事が美味しくなったり、睡眠が深くとれるようになり、体の底から活力が生まれ、頭もスッキリ冴えやすくなるメリットがあります。

薬の中には解熱剤と言う“体温を下げる薬”はありますが、“体温を上げる薬”と言うのは存在していません。

体を温めるためにやれる事は、「適度な運動」が有効なのは疑いのないところですが、自分の体を形成する基のとなる食べ物に注意する必要があります。

どういうものに注意が必要かと言いますと、熱帯など年中暑い地域で獲れる食べ物や夏に収穫される食べ物は体を冷やす効果があります。

食べすぎには注意が必要です。

丹田を温める

体を温めるには、使い捨てカイロを有効に使うことも良いと思います。

具体的にどのような事をするのかと言いますと、女性の場合はお臍からご自身の指で3本~4本分下のところ(丹田)衣服の上から使い捨てカイロを貼っておくようにします。

体の至る所から入ってくる“冷え”が最終的に逃げてくる場所が、丹田のあたりだと言われています。

ここは本当に大事な場所で、丹田のあたりが女性の生殖器(子宮)のある場所になります。

カイロプラクティックではヘソから指3本下の箇所は「脾臓の反射ポイント」でもあります。

その大事な場所に冷えが逃げてきた時、体が冷えている状態では、当然体液循環は悪くなっていますので、体内には居続けて欲しくない疲労物質(毒)が排泄されない状態になります。

冷えれば“浮腫み”にもなりやすい状態と言えます。