股関節痛の原因

股関節や鼠径部の痛みは、骨盤の歪みが関係していることが多いです。

下半身の筋肉の疲労や上半身の歪み、重心のズレでも、股関節に痛みを発症することがあります。

通常の日常生活で股関節だけを単独で痛めることはほとんどありませんが、股関節の捻挫をされた場合は、回復するまでにそれ相応の期間が掛かります。

股関節は骨盤と大腿骨で構成されますが、大腿骨の骨頭部分の変形での痛みは手術が必要なこともあります。

安静に出来ない股関節痛

当院に来院される前は、整形外科や整骨院に毎日のように通院されていた患者さんから教えてもらうことがあります。

股関節の痛みは立ち上がったり歩くなどの動作に支障が出ますが、酷いケースでは寝返り打つ際にも痛みでつらい思いをされていると言う方もいます。

電気治療やマッサージ、整骨院によってはバキバキと矯正されたと言うことも耳にします。

それで治れば良いのですが、そうでない場合が多くあるみたいです。

股関節痛に対して当院が気を配っていること

アキレス腱のストレッチ、上半身の柔軟性を高める、寝るときに痛い股関節が上になるようにして横向きで寝るなどは、痛みを我慢して行うことがないようにしましょう。

何度も書きますが、股関節にトラブルが出る多くのケースでは骨盤や頸椎の歪みが影響していることも少なくありません。

あなたの現状を把握するために、骨盤の歪みやどの動作で痛むのか、どこに原因があって痛みが発症しているのかをチェックさせていただきます。

歪みが原因で発症している股関節の痛みに関して、骨のズレを取るだけでなく、歪みを引き起こした筋肉にもアプローチをしていく必要があると考えます。

当院では、仙骨の歪み・脊柱の歪み・足首周囲の調整をするなど、内臓も含めた修正が必要な箇所を施術して、元気になっていただけるようにしていきます。

なお股関節の周りの靱帯や筋肉を痛めているかもどうかも確認します。

当院ではあなたの痛みの根本改善を目指して取り組んでいきます。

それだけデリケートであるとも言えるのです。