【顎の痛み】食事・あくび・笑う時の痛みによる苦痛で来院された方の感想

顎が痛いと全身に歪みなどが波及していきます。
よってできる限り早期に痛みから解放される必要があります。
指が3本分口を開けた際に入れば正常可動範囲です。
Oさんが来院された際に口がどのくらい開くのかチェックしたところ、指2本分開いているかどうかでした。
顎の調整は頭蓋や大きな関節や筋肉もチェックして問題があれば調整していきます。
食事することが出来るありがたみを感じられた?!Oさんの感想文をご覧ください。

顎関節の痛みでお困りの方の症例


西東京市 19歳女性 学生 oさん

左側のあごが、いきなり噛み合わなくなって、痛みもかなり出てきて、ここに通い始めたのですが、たった3・4回の治療で、さっぱりなくなりました。
ここで治療を受けて、本当に良かったと思いました。
食事の時は特に辛くて、食べ物を口に入れること、そしてそれを噛むという一連の動作が本当に苦でした。
また、あくびや笑ったりする時にも、痛みは伴って いたので、普通に生活を送るだけでも非常に辛かったです。
治療の結果、こういった苦労がさっぱりなくなりました。

院長からのメッセージ
口が思う様に開かないことは、人格形成においても悪影響が出てきますね。
これは大げさなことではなく、本当にふさぎこむ性格になったり、積極性の欠如も見受けられるようになります。
顎の機能が低下している期間が長くなりますと、様々な自律神経トラブルに見舞われるようにもなります。
施術をしたことがきっかけで、顎の不調が良くなっていったということで、私もうれしく思います。お陰さまです。
顎関節整体特設ページ
042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中