座骨神経痛がある状態で健康指導をした結果は?

先日健康教室を開催しましたが、今回はその第2弾を行いました。
今回参加された方は、ちょうど坐骨神経痛を発症している状態でした。
さて、どうなったのか。
それは感想文を読んでいただければ分かると思います。

座骨神経痛で来院されたお客様の声

介護中に痛めた座骨神経痛の症例


新座市 50歳女性 介護福祉士 H・Iさん

腰痛解消ストレッチの筈でしたが、全身ストレッチのようでした。
坐骨神経痛が、いつのまにか治ってしまいました。
内臓の緊張もとれるよう、ちょっとしたことがポイントなのですが・・・
1回目2回目のストレッチをつなげて、毎日していきたいと思います。
右ひざが内側に入ってしまうこと。
ズレが分かっただけでも・・・よかった。
1人になってしまったので、お得感たっぷりでした。

院長からのメッセージ

今回は右の下肢に坐骨神経痛が発症している状態で、腰痛解消のためのストレッチ体操を行っていただきました。
いつのまにか治ってしまいましたと書かれていましたが、細かい注意点を指示して実践していただいたら良好な結果となりました。
ストレッチを行う上でのちょっとした意識の持ち方と注意点をお伝えした健康教室でした。
少しでも参考になり、介護の仕事でのダメージを取り除いていただければ幸いです。
座骨神経痛整体特設ページ
042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中