ヘルニアになったら手術以外に選択肢はないのか

腰痛を抱える患者さんの中にはヘルニアがある方もいれば、すべり症になっている方もいたり分離症になっている方もいます。
また腰椎に異常はないけど、痛みを慢性的に抱えている方もいらっしゃいます。

ヘルニアは治るの?


本日来院された患者さんから、以前に通っていたカイロプラクティックで「すべり症は治らないから、上手く付き合っていくしかないね。」と言われたことがあるそうです。
そもそもすべり症とは、どんな状態になっているかというと、文字通り椎骨が前方にずれている状態、つまり滑っている状態になっていることを指します。
この状態になると、腰に痛みを発症することが多くなります。

ヘルニアになったら手術しなくてはいけないのか


かなり前の話になるのですが、福島大学のある教授が(名前忘れました)椎間板ヘルニアになった人の追跡調査を行ったことがあります。
ヘルニアの手術を行った症例と、保存療法などで回復に努めた症例を、その後5年間(だったと思います)追跡した結果、保存療法をしていた、もしくは何も治療をしなかった症例の方が、予後が良かったというデータが出ています。
保存療法組の予後が良かったということで、MRIで撮影した結果、椎間板ヘルニアが治っていたのかというと、5年前と比べてそれほど顕著な変化はなかったそうです。
ヘルニアになったら、絶対に痛みが出るというように考えられていますが、この追跡結果によりその定説が覆されたわけですね。
すべり症に関しても、実は同様のことが言えます。
だからと言って、すべり症でも痛みが出ないというわけではありませんので、その点は注意してください。
ただ、絶対にすべり症やヘルニアだから、痛みが出るということではないのですね。

整体やカイロプラクティックですべり症の痛みが良くなるのか


それでは、すべり症が整体やカイロプラクティックなどの代替医療で治るのかというとそれは何とも言えないと思います。
正直術者のレベルにもよります。
ただし滑っている状態でも痛みが軽減していくことは可能だと考えています。
滑っている状態が治るのか治らないかは、その方の滑り度合と筋肉などの軟部組織の状態によると思います。
それは、個人個人で違いますので、滑っている状態がどのくらいの期間で楽になっていくのかは、私には断言することは出来ません。
実際に体をチェックさせていただければ、ある程度は判明します。

ヘルニアでも痛みやしびれが取れる可能性は高い


しかし、再度言いますが、腰の痛みが取れる可能性はあります。
それはきちんと体をメンテナンスして、あなた自身もリハビリや体に掛かる負担を除去する=クールダウンなどを日課にしていけば、回復していく方が多いという現実を
私は目の前で見させてもらっています。
滑っているのが治らないかもしれないけど、痛みはなんとかなる。
私はそのように考えますし、それは臨床でも現実に起こっている事実です。
ヘルニアの状態が治らない、すべり症が治らないのと、その痛みがず~~と撮れないのとは話が違うということをお伝えしたいと思います。

※すべり症やヘルニアの方は、腰に疲労が早く出やすいということも、また現実です。

042-422-4503
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【西武池袋線 ひばりヶ丘駅 徒歩5分】

〒352-0035 埼玉県新座市栗原5丁目12−3

■営業時間 9:00~11:30/13:00~19:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中